« 都をどり | トップページ | 904SH »

2006年4月16日 (日)

ソフトバンクとボーダフォン

今回発表された「お客様第一主義の継続」と題する文書では、これまで提供されてきたサービスが今後どうなるか気になるところが記されていた。

1.メールアドレスの継続

  ブランド変更も引き続き「vodafone.ne.jp」が利用できます。

2.既存サービスの継続

  定額サービスやハッピーボーナスが継続し、ハッピータイム2の二の舞にはなりません

3.社名・ブランド名の変更

  ブランド名は変わります。

4.ネットワーク・携帯電話・サービスの積極展開

  エリアの拡大、端末のラインナップ、新サービスの展開

ユーザーには「メールアドレスはそのまま」が非常にうれしい。更にブランド名は変わりますが、既存サービスの継続や今まで以上のエリア拡大及び新サービスの展開等気体は十分あります。具体的な方向性が出てくるのはまだ先にはありますが、MNPに向け、基盤となる方向性が見え始め、準備段階は着々と進んでいます。

我々代理店としてもいろんな角度から準備をしています。

|

« 都をどり | トップページ | 904SH »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクとボーダフォン:

« 都をどり | トップページ | 904SH »